薬

妻との余生にバイアグラとシアリス!華やかな暮らしに勃起不全解消

勃起をできるようにする薬

医薬品 年齢層にわけると中高年の数は非常に多いと言われていますが、成人をこえている20代前半の男性であれば誰でも症状が起こる可能性のある勃起不全は性行為が満足に行えない以外にも女性との関係を深める上で障害になってしまうことでもあり、性行為の成功率は男性にとっても女性にとっても非常に重要なことになり、勃起するかしないかはお互いにとっては大きく関係のあることになります。
全く勃起がおこらないことを完全、時々やたまにの場合を中等や軽度と3段階に重症度を分けており、軽度や中等の症状は薬に頼らなくても根本的な原因を突き止め改善できる可能性もあり、原因には心因性と器質性そして薬剤性というのがあります。
心因性は男性の心または心の深いところにある深層心理が引き金になることがあり、トラウマや失敗談、コンプレックスなどが要因になっていることが多く、専門医による心理療法によって改善されることも十分に考えられます。
器質性は陰茎そのものが刺激に対して弱くなっていることや周囲の血管または性的な興奮や刺激が脳から伝達されにくくなってしまい起こっていることが考えられ、外科的な治療または薬剤によっての治療を必要とします。
薬剤性に関しては、他の病気の治療のために薬を使っていておこり、例えば脱毛症の治療薬であるプロペシアの副作用によってリビドーの減退や勃起不全がみられることがあります。
薬の使用の中止または薬が不要になった段階で多くは改善されます。
勃起不全の治療薬をED治療薬といい、バイアグラ、レビトラ、シアリスの3つが現在日本で許可を受けているED治療薬になります。
バイアグラとは、世界初の薬であり信頼性も非常に高く古くから利用している方もいるため使用率も高く人気の薬になり、成分がシルデナフィル塩酸塩となり血管をひろげてくれる効果によって体内に巡る血液を性的刺激を受けた際に陰茎に集めやすくしてくれます。
一気に薬の効果が現れ短時間作用になっているため1回のみの性行為で十分な方にはお勧めであり、多くのジェネリック医薬品も登場しており、ゼリーやチュアブルなど様々な剤形があるので楽しみながら服用をすることもできます。
またレビトラは即効性、シアリスは長時間作用という特徴があるため症状によってはまた状況によって使い分けるのも1つかもしれません。
薬の使用は本人の価値観によるもので副作用もあるので慎重に判断するようにして下さい。