バイアグラが登場し、勃起不全は治療できる症状になりました。さらにシアリスも発売され選択肢の幅が大きく広がったのです。

勃起を取り戻すバイアグラ、シアリス

勃起を取り戻すバイアグラ、シアリス

バイアグラの登場

バイアグラの登場

1998年アメリカで発売された,世界初の経口ED治療薬。その名前はバイアグラといいます。国内では1999年に発売され利用者も多く信頼性の非常に高い薬です。有効成分「シルデナフィル」が持つ血管拡張作用が性的刺激を受けた際に、体内に巡る血液が集中的にペニスへ流入をし海綿体が膨張します。一気に効果の実感ができ、まさに短時間作用型とも言えるため1回のみの性行為で十分な方は特におすすめです。

しかし体力がある状態であれば効果時間が終わらない限りは勃起が可能です。バイアグラの効果は勃起促進作用が強力なため、余力があれば回数を重ねることも容易でしょう。しかしその作用は常にペニスを勃起させるわけではなく、仮に常時勃起状態が維持されればペニスに支障が出てしまいます。最悪のケースとしてペニスの壊死、全く勃起をすることが出来なくなる、といった恐ろしい事さえ起きてしまいます。

ED治療薬はそのようなものではなく性的刺激が無ければ作用しません。媚薬効果、精力増進、そういった効果も持っておりません。勃起不全を解消する薬なので安心して下さい。しかし自身に性欲が無ければ効果が出にくい、もしくは全く出ないという事も付け加えておきます。

長時間の効果を与えてくれるシアリス

長時間の効果を与えてくれるシアリス

2007年発売のシアリスも勃起不全(ED)の改善に使用する薬です。現在日本でも注目を集めているED治療薬で、その理由として世界シェア1位、雑誌などで特集が組まれたこと、シアリスが持つその特徴、これらがその原動力となっています。有効成分のタダラフィルは水に溶けにくい作用を持ち、体内での吸収もゆるやかに行われます。この性質が食事への影響の少なさ、副作用のでにくさ、長時間に渡る効果持続時間を発揮。シアリスの効果は他のED治療薬とは少し違うことが分かります。

特に海外では「ウィークエンドピル」といった呼称で、週末に使用して休日の間を楽しめる事が出来るという理由が好評です。この呼名は金曜日に服用し、休みである土曜日は一日中効果が続き、日曜日の朝までしっかりもつ、ということから来ています。それほど36時間は長い時間なのだと思う事が出来るでしょう。

即効性に長けたレビトラ

即効性に長けたレビトラ

先にも例を挙げた「レビトラ」の特徴は即効性です。3つの中で一番効果が早く現れますので急に入用の際、特に重宝するでしょう。有効成分のバルデナフィルが水に溶けやすい性質なため、体内への吸収も早く、すぐに血中へ成分が浸透するためです。また比較的、勃起促進作用も高く、国内に限れば処方される治療薬の中で最も強い作用を持っています(日本ではバイアグラ100mgの処方が行われていない)。

勃起不全の年齢層・症状の段階

勃起不全を年齢層に分けると中高年の数が多いものの、成人を超えている男性であれば例え20代前半から発症する可能性を持っています。放置していても治る症状ではありません。軽く考えすぎるとパートナーとの関係にもヒビが入り愛想をつかされるかもしれません。セックスが満足に行われず我慢の日々を過ごすうちにいつしか他の男性と関係を持つ事もありえます。そのようなことはなんとしても避けなくてはなりません。

勃起不全は3段階に重症度を分ける事ができ、全く勃起が起こらないことを完全、時々やたまにある場合中等や軽度といい、中等や軽度の場合薬を使用せずとも根本的な原因を突き止めれば改善が可能性です。解決が困難であれば医療機関に頼り、必要であればED治療薬の使用も検討するべきです。心の準備が整わなければ予め自身でセルフチェックを行い確認をすることも可能です。あらゆる手を尽くし、勃起不全の解決に意識を傾けて下さい。

勃起不全の原因

勃起不全の原因

勃起不全の原因にも種類があり、器質性・心因性・そして薬剤性と分ける事ができ、それぞれ対処方法が変わります。心因性は男性の心、または心の深いところにある深層心理により発症します。セックスの失敗談、コンプレックスなどの要因が多く、専門医による心理療法により改善されることも十分に考えられます。器質性はペニスそのものが刺激に対して弱い、もしくは周囲の血管または性的興奮や刺激が脳から伝達されにくくなり起こると考えられ、外科的な治療または薬剤によっての治療を必要とします。

薬剤性とは他の疾患を治療する薬を使用している事が原因です。例えば脱毛症の治療薬であるプロペシアの副作用である性欲の減退や勃起不全が影響し勃起不全に陥る事があります。抗うつ剤を継続的に利用している方もそうです。成分が性欲を減退させセックスをする気が起きなくなります。薬剤性の改善には薬の使用の中止、または薬が不要になった段階で多くは治まります。しかし自己判断で薬による治療をやめると思わぬ反動がきてしまうため医師に相談をして下さい。

ED治療薬が持つ役割・可能性

現在主流のバイアグラ、シアリス、そしてレビトラは勃起不全改善には欠かせない薬で、三大ED治療薬とも呼ばれています。バイアグラ発売から大きな発展を遂げたED治療薬はさらに展開が広がることも予想でき、より副作用が少ないものや効果の高いものが販売されるかもしれません。

それぞれのED治療薬の比較をし、容易に特徴が分かるようになればシーンごとに使い分けることも可能です。日常の展開の中でうまく使い分けてみて下さい。しかし体質により効果が現れにくかったり副作用が強く出る場合もあり、合わないものは無理に使用せず、合うものを使用して下さい。慎重に使用の判断をし、副作用が起きるリスクをなるべく少なくしましょう。副作用の症状が出たままセックスを行えば集中できるはずがありません。ED治療薬には勃起促進という最大のメリットがあり、その効果を得るために使用するものです。存分にそれを得、有意義なセックスライフを送るようにしましょう。

ED治療薬の入手方法

ED治療薬を入手する男

男性における性の悩みの中のひとつ、ED。

勃起できないというのは自分自身が情けなくなるということだけではなく、パートナーに対する罪悪感のようなものもあって、とても辛いものですよね。

そこで利用したいのが、「バイアグラ」「シアリス」「レビトラ」などのED治療薬です。

ED治療薬を利用すれば勃起を促すことができるので、EDに悩んでいる男性の強い味方となっているのです。

そんなED治療薬が今すぐ欲しいと思う人も多いと思いますが、一体どこで買えるものなのでしょうか?

通常、風邪薬などなら病院はもちろんのこと、コンビニやドラッグストアなどで購入することができますよね。

しかし、「ED治療薬」というのは風邪薬とは違い一般的な医薬品とは線引きされています。

実際、コンビニやドラッグストアを覗いてみたことがあるという人もいるかもしれませんが、置いてはいないはず。事実、そういった場所ではED治療薬というのは置いていません。

これは「処方箋」というものがあるためです。

処方箋とは、いわゆる医薬品の説明書のようなものです。

使用方法をしっかりと守らないと非常に危険なので、医師が直接「どれくらいの量を服用するのか」などを教えてくれているのです。

ED治療薬は処方箋が必要になるお薬のため、処方箋が出ない場所では購入ができないのです。

ED治療薬は基本的に病院などの医療機関で購入することができます。

EDもまた、病気のひとつですので、病院からお薬が処方されるというのは自然な入手ルートだといえます。

ですが、この方法ではどうしてもネックになってきてしまうことがありますよね。

たとえば、時間が足りないときなどでは難しい選択肢です。

そういった人は、もうひとつの入手ルートを利用してみてはいかがでしょうか。

個人輸入という入手方法をご存知でしょうか。

通信販売の一種のようなものなのですが、そこからもまたED治療薬を手に入れることができます。

個人輸入を利用すれば病院などの医療機関を通さずにお薬を手に入れられるので、とてもお手軽なのです。

その代わりに処方箋が無いというデメリットもあります。

よって、お薬の使用は自己責任となってしまいますので、利用する際にはそこの部分もふまえておくようにしましょう。

とはいえ、入手ルートがふたつあるというのはとても便利だといえるのではないでしょうか。

病院などの医療機関で手に入れるメリットとデメリット、個人輸入を使って手に入れるメリットとデメリットもありますが、自分にとって利用しやすい方を選んで利用するというのがベストです。

ED治療薬を手に入れるために、それらの特徴を詳しく知っておきましょう。

病院で購入する方法の概要

医療機関での処方箋

EDの入手ルートのひとつ、それは病院などの医療機関で手に入れるという方法です。

EDは病気であり、病院などへ行き医師に診察してもらうことができます。

そのため、その治療薬が病院から処方されるというのは想像に容易いと思います。

しかし、EDによって病院へ行くというのは、風邪やインフルエンザといった症状とは全く違うので、どのような診察があってお薬の入手ができるのかというのが想像できないという人もいるでしょう。

当然、病院へ行くということは医師による診察があるわけで、お薬はそれを経て処方されるもの。

陰茎を見られたり触診などがあるのではないか、そんな不安や心配もあるでしょう。

その他の病気であれば気にもならなかったところが気になってしまうのは、それだけプライベートなものだからこそです。

診察は主に問診やアンケ―トによって診察されます。

陰茎を見せることもありませんし、触診ももちろんありません。

血圧、脈拍、血液検査、尿検査、心電図などを検査することも、必要に応じてありますが、そういった検査を直近ですでに受けていた場合、受診の際にそのときの検査結果を持って行くと再検査をしないところもあるので持って行くといいでしょう。

診察の際にはすでに服用しているお薬があれば、それに関する説明もするようにしましょう。

EDには関係ないからと自己判断するのではなく、関係なさそうだと思ってもしっかり説明しておくようにします。

なかにはED治療薬と相性の悪いお薬というのもあるためです。

こういった診察の結果からED治療薬を処方してもらえるようになります。

このように、ED治療薬は病院でも処方してもらえるのですが、いかんせん女性の目が気になるという人もいるのではないでしょうか。

看護師さんや女医さんといった女性との絡みも少なからずあります。

そういった人はED治療の専門クリニックへ行くようにするといいでしょう。

男性スタッフしかおらず、安心して相談することができるのでオススメです。

それ以前に、受付において「EDの治療を受けたい」とその他大勢の人がいる中で説明するのが嫌だという場合には、「先生に相談したい」という言い方でも問題がないケースもあるので、言い方を工夫してみましょう。

病院やクリニックなどでED治療薬を手に入れられる最大のメリットは医師に相談できるということです。また、ED治療薬の処方箋も出して貰えるので、何も考えずに服用していける安心感もあります。ですが、時間や費用、相手が誰でも人の目が気になるという人には通販による購入の方がオススメかもしれません。

通販で購入する方法の概要

通販サイトでの購入を考える男性

ED治療薬は病院など医療機関だけではなく、通販でも購入することができます。

特に医薬品を取り扱った通販として「個人輸入代行サイト」というものがあります。

かつては通販といえば、テレフォンショッピングといった方法が主流でしたよね。

利用したことがあるという人もいると思います。

とはいえ、テレフォンショッピングでは番組の時間が決まっていますし、注文をする時間も有限ですので、電話が殺到して繋がりにくかったり、終いには期限が過ぎてしまい手に入れられなかった。

もしくは、最初は要らないと思っていたけれど、あとあとから欲しくなってしまった、という経験のある人もいると思います。

また、なにより焦ってしまって正しい判断で購入できないというリスクもあるでしょう。

しかし、今の通販はネットが主流です。そのため24時間対応可能ですし、スマホひとつで好きなときに好きなものを確実に注文できるのでとても便利です。

また、医薬品の取り扱いに特化している「個人輸入サイト」では、その他にもメリットとして…

・病院で買うよりも安く買える

・ジェネリック医薬品が買える

といったものもあります。

個人輸入サイトでの購入方法は簡単です。

まずはインターネットで利用するのでPCかスマホで探して、サイト内に入ります。

欲しい医薬品を検索し、欲しい数をクリックし、注文をするだけで終わりです。

あとは自宅へ届くのを待つという形なので、本当に一般的な通販と同じなのです。

支払い方法としては振り込みが一般的です。

クレジットカードは便利なのですが、対応していないサイトも多く存在するので、利用する際には確認してからにしたいところです。

なぜ便利なはずのクレジットカードの対応を行っていないところがあるのかというと、クレジットカードの対応は手数料を加盟店が負担するということになっているのですが、その手数料をかけないことで、売値を落としているというのが理由です。

振り込むことで買値を安くするのか、クレジットカードを使うことで高くするのかというところもまた、サイトの選択において重要な部分だといえるかもしれません。

また、振り込む場合でも、サイト指定の銀行口座と同じ銀行口座であれば手数料が無料なので、同じ銀行の口座があるサイトを探すか、サイトの利用頻度から加味してサイトに合わせた口座を作るかというのも考えどころです。

個人輸入サイトから購入する際には、まとめ買いしようとした場合制限があるということも理解しておきましょう。

また、男性が利用するはずのED治療薬を、女性が代わりに買うということはできません。自分で購入するようにしましょう。

通販とはなにか

通販サイトで購入した男性

ED治療薬が買える通販サイトである「個人輸入代行サイト」ですが、中には聞いたこともないなという人もいるかもしれません。

そういった人にとっては、まずこの「個人輸入代行」というもの自体が分からないのではないでしょうか。

「輸入」というのは海外の物を国内へ買い取ることですよね。

そして、基本的にそれは国内業者と海外業者が行います。当然そこで取引されている商品というのは、法律に則って、国が認めた物しか輸入できません。これはお薬もそうです。

薬事法によって厚生労働省によって認可が下りているものでないと、輸入されることはありません。

海外では多くのお薬が出回っています。

しかしその多くがまだ日本では認可が下りておらず、輸入されていないというのが現状です。

実際どんなドラッグストアへいっても病院であっても日本で認可が下りていないものに関して購入できるということはありません。

認可が下りていないため、医師たちはそのお薬に対しての処方箋を出すということができないのです。

そのため責任を持つことができないというのも、取り扱われていない理由のひとつです。

とはいえ、そういった医薬品は入手することができないのか?と問われれば、決してそうではありません。

たとえば、ジェネリック医薬品。

新薬より安いのにも関わらず、効果は新薬と同じというメリットがありますよね。

しかし、海外のジェネリック医薬品はほとんどが先述した法律によりまだ日本では買えない状況です。

ただ「自分自身で使うこと(他人に譲渡しない)」「自己責任で使用する」といった条件で買うことができる方法があります。

それが「個人の輸入」なのです。もちろんこれは違法ではありません。

本来、買い取れないものを買って他へと転売しない、処方箋が無いので使用した責任は自分で負うという決まりはあるものの、2つの基本的な条件を守ることで個人的に輸入ができるようになるのです。

でも個人で、輸入をするということは、当然自分の力で海外の業者とやり取りをしなくてはならないということになってきます。

これはとても難しいことだと思いませんか?

英語を使って、海外の業者を直接やり取りをするというのは言葉の壁云々もありますが、言ってしまえば信頼がおけるのかという心配もあります。

直接関わって何かトラブルに発展しないだろうかと考えてしまっても無理はありません。

そこで登場するのが「個人輸入代行サイト」なのです。

こういったサイトを運営している個人輸入代行業者が、海外業者とのやり取りをすべて代わりにやってくれるのです。

そのため、私たち利用者はあくまでも通販サイトとして、サイト内から欲しい医薬品をクリックするだけで購入することができるのです。

法律に違反しないのか?

通販での購入が問題ないことを解説する医者

わからないものというのは、それだけで不安になったり心配になってしまうものですよね。なにかしら勘ぐってしまい、便利なものですら利用することなく過ごして行くことというのは結構多いものです。

しかし、それは知らないからであり、知ってしまえばその安全性を理解したうえで、効率よく使っていけるようになるものなのです。

個人輸入サイトにしても同じです。普段の生活ではなかなか聞き慣れないものだと思います。

通販のように使えるサイトというのは理解できたとしても、「個人輸入」というものに対して「知らない」から利用しにくいと考えている人も多いのではないでしょうか。

個人輸入というのは、かみ砕いて言えば「個人的に輸入をすること」ではあるのですが、本来薬事法によって厚生労働省が認めていない・許可されていない物を個人的に輸入するという部分がどうしても引っかかるという人はいるかもしれません。

しかし、この行為自体には全く問題ありません。

個人が使用すること、他人に譲渡しないというルールを守れば法律違反にはなりません。

ですが、このように考えていく中で、個人輸入だから一人(個人)でやるべきことなのでは?と考える方もいると思います。

代行業者を挟んでしまう時点で、それは個人で輸入をしていることにはならないような気がする……という考えも不思議ではありません。

こういった業者を利用することは法律にひっかかってしまうような、いわゆる違法行為にはならないのでしょうか。

結論から言うと、違法ではありません。

代行業者をはさんだ個人輸入というのは安心して使える方法なのです。

なぜそういえるのかというと、そもそも代行業者は業者自体があらかじめ海外の業者から仕入れた商品を、個人へと売っているわけではありません。手続きを代行しているだけです。

転売すれば違法となるので、それを抑制する意味で「自分自身で使うこと」という決まりがあります。もちろん、そこは違反してはいません。

次に、商品の発送についても海外の業者が梱包して個人宅へ発送します。

ここに代行業者は関わっていません。

あくまでも代行業者は個人輸入のお手伝いをするだけなのです。

そのため違法ではないといえるのです。

ですが、中には悪質な業者が存在しているのも確かです。

使用する私たちが罪に問われるということは無いものの、使用するリスクが全くないというわけではありません。

違法業者や悪徳業者に騙されないための知識を付ける必要はあります。

通販のメリット①:簡単に購入できる

通販なら簡単に購入できる

個人輸入サイトはいわゆる通販サイトのようなものなので、病院へ行って購入するよりも簡単に利用することができます。

たしかに、病院やクリニックなどの医療機関に行けば、医師の処方によってお薬を手にすることはできます。

しかし、お薬を貰いに行くたびに病院へ行くというのはけして容易いことではありませんよね。場合にもよるでしょうが、数分で終わることではありません。

お仕事などに大きく支障が出てしまうほどの時間が取られてしまいます。

ED治療薬というのは継続的に使用することがほとんどなので、治療薬がなくなる度に通院することになります。その度に時間を取られるというのは考え物です。

病院へ行って受付をし、ヒアリングシートなどを記入する手間があったりもします。

その後待ち時間を経てやっと診察という流れになりますが、多くの人が診察を待っているうえ、その診察時間も人によってまちまちです。

すぐ終わる人もいれば長くかかる人もいて、人数×5分程度イコール待ち時間とはなりませんよね。その結果、数時間待っていたということもあります。

もっと言ってしまえば、混んでいる際には車を駐車するスペースが無くて、駐車待ちということもあるでしょうし、それ以前に交通事情による負担というのもあるかもしれません。

しかし、通販サイトであれば、受付からのヒアリングシート記入や通院にかかる時間や手間なんかも必要ありません。

通販サイトは、インターネットの環境さえあれば利用できます。

PCからも利用できますが、スマホからでも利用できるわけです。

スマホはどこにでも持って行ける手軽なツールなので、いつでもどこでも利用できます。

スマホで手軽にサイトを探し、欲しい商品をサイト内から選んで、欲しい個数をクリック。あとは注文をするだけで済むのです。

病院と違って時間も選びませんので、たとえ寝る前であってもサッと手続きを数分で済ませられます。

どんなに忙しくてもお薬を購入することができるのです。

また、病院などだとどうしても金額が多くかかってしまいます。

ED治療薬は保険適応外なので病院から購入すると高くなってしまいますし、診察費用などの出費もありますよね。

こういった理由からEDを治したいと思っていても通院するのが億劫になるという人もいるでしょう。

そういった人にも「個人輸入サイト」の利用がオススメです。

通販感覚で利用できるので、一度でも通販を利用したことがあるという人ならすぐに使いこなせることでしょう。

注目記事

勃起不全のセルフチェック

勃起不全のセルフチェック

勃起不全の心配をされている人には簡単に行えるセルフチェックで確認をすれば、どういった状況であるかが分かります。
ある程度症状の度合いも分かりますので一度試してみてはいかがでしょうか?

バイアグラの効果

バイアグラの効果

バイアグラは勃起不全の改善に役立つ治療薬です。
有効成分のシルデナフィルが血管を拡張・血流が促進されペニスへ一気に流入します。
その結果勃起をすることができ、性行為に至る事が可能なのです。

シアリスの効果

シアリスの効果

シアリスは第三のED治療薬として登場し、これまでとは違った特徴で勃起不全の改善をする治療薬です。
その特徴とは長時間に及ぶ効果、食事による影響も少ないという点です。

シアリス