バイアグラが登場し、勃起不全は治療できる症状になりました。さらにシアリスも発売され選択肢の幅が大きく広がったのです。

%%HEADER%%

勃起を取り戻すバイアグラ、シアリス

バイアグラの登場

1998年アメリカで発売された,世界初の経口ED治療薬。その名前はバイアグラといいます。国内では1999年に発売され利用者も多く信頼性の非常に高い薬です。有効成分「シルデナフィル」が持つ血管拡張作用が性的刺激を受けた際に、体内に巡る血液が集中的にペニスへ流入をし海綿体が膨張します。一気に効果の実感ができ、まさに短時間作用型とも言えるため1回のみの性行為で十分な方は特におすすめです。

しかし体力がある状態であれば効果時間が終わらない限りは勃起が可能です。バイアグラの効果は勃起促進作用が強力なため、余力があれば回数を重ねることも容易でしょう。しかしその作用は常にペニスを勃起させるわけではなく、仮に常時勃起状態が維持されればペニスに支障が出てしまいます。最悪のケースとしてペニスの壊死、全く勃起をすることが出来なくなる、といった恐ろしい事さえ起きてしまいます。

ED治療薬はそのようなものではなく性的刺激が無ければ作用しません。媚薬効果、精力増進、そういった効果も持っておりません。勃起不全を解消する薬なので安心して下さい。しかし自身に性欲が無ければ効果が出にくい、もしくは全く出ないという事も付け加えておきます。

長時間の効果を与えてくれるシアリス

2007年発売のシアリスも勃起不全(ED)の改善に使用する薬です。現在日本でも注目を集めているED治療薬で、その理由として世界シェア1位、雑誌などで特集が組まれたこと、シアリスが持つその特徴、これらがその原動力となっています。有効成分のタダラフィルは水に溶けにくい作用を持ち、体内での吸収もゆるやかに行われます。この性質が食事への影響の少なさ、副作用のでにくさ、長時間に渡る効果持続時間を発揮。シアリスの効果は他のED治療薬とは少し違うことが分かります。

特に海外では「ウィークエンドピル」といった呼称で、週末に使用して休日の間を楽しめる事が出来るという理由が好評です。この呼名は金曜日に服用し、休みである土曜日は一日中効果が続き、日曜日の朝までしっかりもつ、ということから来ています。それほど36時間は長い時間なのだと思う事が出来るでしょう。

即効性に長けたレビトラ

先にも例を挙げた「レビトラ」の特徴は即効性です。3つの中で一番効果が早く現れますので急に入用の際、特に重宝するでしょう。有効成分のバルデナフィルが水に溶けやすい性質なため、体内への吸収も早く、すぐに血中へ成分が浸透するためです。また比較的、勃起促進作用も高く、国内に限れば処方される治療薬の中で最も強い作用を持っています(日本ではバイアグラ100mgの処方が行われていない)。

勃起不全の年齢層・症状の段階

勃起不全を年齢層に分けると中高年の数が多いものの、成人を超えている男性であれば例え20代前半から発症する可能性を持っています。放置していても治る症状ではありません。軽く考えすぎるとパートナーとの関係にもヒビが入り愛想をつかされるかもしれません。セックスが満足に行われず我慢の日々を過ごすうちにいつしか他の男性と関係を持つ事もありえます。そのようなことはなんとしても避けなくてはなりません。

勃起不全は3段階に重症度を分ける事ができ、全く勃起が起こらないことを完全、時々やたまにある場合中等や軽度といい、中等や軽度の場合薬を使用せずとも根本的な原因を突き止めれば改善が可能性です。解決が困難であれば医療機関に頼り、必要であればED治療薬の使用も検討するべきです。心の準備が整わなければ予め自身でセルフチェックを行い確認をすることも可能です。あらゆる手を尽くし、勃起不全の解決に意識を傾けて下さい。

勃起不全の原因

勃起不全の原因にも種類があり、器質性・心因性・そして薬剤性と分ける事ができ、それぞれ対処方法が変わります。心因性は男性の心、または心の深いところにある深層心理により発症します。セックスの失敗談、コンプレックスなどの要因が多く、専門医による心理療法により改善されることも十分に考えられます。器質性はペニスそのものが刺激に対して弱い、もしくは周囲の血管または性的興奮や刺激が脳から伝達されにくくなり起こると考えられ、外科的な治療または薬剤によっての治療を必要とします。

薬剤性とは他の疾患を治療する薬を使用している事が原因です。例えば脱毛症の治療薬であるプロペシアの副作用である性欲の減退や勃起不全が影響し勃起不全に陥る事があります。抗うつ剤を継続的に利用している方もそうです。成分が性欲を減退させセックスをする気が起きなくなります。薬剤性の改善には薬の使用の中止、または薬が不要になった段階で多くは治まります。しかし自己判断で薬による治療をやめると思わぬ反動がきてしまうため医師に相談をして下さい。

ED治療薬が持つ役割・可能性

現在主流のバイアグラ、シアリス、そしてレビトラは勃起不全改善には欠かせない薬で、三大ED治療薬とも呼ばれています。バイアグラ発売から大きな発展を遂げたED治療薬はさらに展開が広がることも予想でき、より副作用が少ないものや効果の高いものが販売されるかもしれません。

それぞれのED治療薬の比較をし、容易に特徴が分かるようになればシーンごとに使い分けることも可能です。日常の展開の中でうまく使い分けてみて下さい。しかし体質により効果が現れにくかったり副作用が強く出る場合もあり、合わないものは無理に使用せず、合うものを使用して下さい。慎重に使用の判断をし、副作用が起きるリスクをなるべく少なくしましょう。副作用の症状が出たままセックスを行えば集中できるはずがありません。ED治療薬には勃起促進という最大のメリットがあり、その効果を得るために使用するものです。存分にそれを得、有意義なセックスライフを送るようにしましょう。

注目記事

勃起不全のセルフチェック

勃起不全のセルフチェック

勃起不全の心配をされている人には簡単に行えるセルフチェックで確認をすれば、どういった状況であるかが分かります。
ある程度症状の度合いも分かりますので一度試してみてはいかがでしょうか?

バイアグラの効果

バイアグラの効果

バイアグラは勃起不全の改善に役立つ治療薬です。
有効成分のシルデナフィルが血管を拡張・血流が促進されペニスへ一気に流入します。
その結果勃起をすることができ、性行為に至る事が可能なのです。

シアリスの効果

シアリスの効果

シアリスは第三のED治療薬として登場し、これまでとは違った特徴で勃起不全の改善をする治療薬です。
その特徴とは長時間に及ぶ効果、食事による影響も少ないという点です。

%%LINK%%
%%FOOTER%%