EDを治療するにあたり裸になったり痛い思いをすると考えている人は大きな誤解をしています。実に簡素なものであります。

勃起不全治療までの流れ

勃起不全治療までの流れ

まずは医療機関へ行きましょう

自分が勃起不全(ED)の疑いを抱いたら、早めに医療機関へ行き相談を行う事を推奨致します。悩みが蓄積され、その影響で中折れ、ペニスが柔らかいままの勃起しか出来ないのであれば、女性よりバッシングを受けますし、最悪のケースを想定すれば浮気の疑いを持たれてしまいかねません。それが自身のダメージとなり機能性EDの発症が起きてしまいますし、体の不調で起こる器質性EDによるものですと、体調不良を放置する事で、健康自体を損ないセックスどころではありません。

また意を決して医療機関へ受診へ行ったとしても受付が女性だったら?裸になり触診を受けるのでは?となどの想像をしてしまい、重い腰が上がりにくいのではないかと思います。確かに総合病院であれば予約時の受付は女性が担当している場合があり、追加検査をする場合には器具を使った検査も行われる可能性があります。ですがED専門のクリニックというものが今の世の中にはあります。全て男性スタッフのみで構成されており、相談も気軽に行え、脱衣をする必要も基本的にはありません。

診療のみで終了します

診療のみで終了します

流れとしてはまず最初に問診票に自身の状況を記入します。治療中の病気、服用中の薬があればその項目にも記入を行い、ED治療薬の処方がそれにより可能かどうかの判断材料となります。飲み合わせの悪い薬もありますので正直に記入をしましょう。嘘の記入によりED治療薬が処方されたとしても、禁忌薬との併用や疾患の状況により重篤な副作用が出てしまったらどうすることも出来ません。

続いて問診票に基づいた医師の診察が行われます。問診票もそうですが以前の記事にもありますセルフチェックの結果をプリントアウトし、医師に提出するとより詳しい状況が分かりますので、準備できる人は持って行きましょう。診察を終えたあとには必要に応じて薬を処方してもらえます。その後は会計を行いますが、一つ注意点があります。ED治療には保険適用がありません。全て自己負担になりますので個々により治療費は異なります。

専門クリニックなら行きやすい

専門クリニックなら行きやすい

以上が治療までの流れです。ごく簡単な問診やこれからの治療経緯などの話になりますので深く考える必要はまったくありません。医療機関に来る人は勃起不全で悩む人ですし、その中でも専門クリニックを選べばより足を運びやすいのではないでしょうか。治療をしなければ勃起不全の改善は無理ですので、恥ずかしがらずに飛び込めば、驚くほどあっという間に解決をするかもしれません。

しかしそれでも恥ずかしさが上回ってしまう場合、またはED治療薬だけを試してみたいのであれば通販サイトを利用するという手があります。パソコンやお持ちの携帯電話で簡単に購入が出来るので気兼ねなく入手ができ誰にも知られることなく使用が可能です。それにより人知れずコンプレックスを解決することも出来ますので、慌てずにまず出来ることから始めましょう。

病院治療のメリット

病院治療のメリットを解説する医者

EDかもしれないと思ったら、早めに治療を行いたいところですが、治療を行うにあたって利用していきたいのが、病院や専門クリニックなどの医療機関です。

医療機関に行くということは当然診察があるので、医師や看護師との対面がつきものです。

人前でED治療をお願いするというのが嫌だという人はかなり多く、個人輸入サイトを利用してED治療薬を手に入れて治療している人も多いです。

しかし、病院治療ならではのメリットというのもあるので、しっかり覚えておきましょう。

個人輸入サイトであれば、誰も介さずにED治療薬を手にすることができます。

ED治療薬を手に入れることで、性行為はしっかりと行えますし、一見それで問題は無いようには思えます。

しかし、個人輸入サイトは医療機関を通してはいませんので処方箋がありません。

初めてED治療薬を使用するという場合には不安が残ります。

たとえば、いつどのタイミングで飲めばいいのか、どれ位の量になるのか、といった心配もあるでしょう。

しかし、もっと怖いのは併用禁忌薬です。

飲み合わせによっては生死にも関わることがあるので、注意したいところです。

これらはなかなか自分では確認することができませんが、医療機関で医師に相談することで、服用方法や併用禁忌薬をはじめ、自分に合う容量や体質による医薬品の選別などもしてもらえます。

また、医療機関へ行きED治療をするということは、なにもED治療薬を処方してもらえるというだけではありません。

ED治療の方法というのは、さまざまなものがあるのです。

たとえばICI療法(海綿体注射)といって陰茎に直接勃起を促す薬を注射するというもの。

方法としては、陰茎の注射部位(陰茎の左右どちらか)をしっかりと消毒し、注射針を根元まで差し入れて薬を注入します。

その後注射部位を1分程圧迫することで、5~10分ほどで勃起がはじまるほど即効性があり、注射してすぐ勃起が始まるので、自宅へ帰って即効果を実感することができます。

持続時間は2~3時間あるため、十分に性行為を楽しむことができます。

また、陰茎プロステーシス移植手術というのもあります。

これは陰茎海綿体に器具を入れるもののことで、性交時にこの器具を操作して勃起状態を作り出すというものです。

血液や神経は関係なく勃起ができますが、一度この手術を受けてしまうと自然な勃起は二度とできないということから、ED治療の最後のとりでともいわれています。

病院治療のデメリット

病院治療のデメリットを解説する医者

ED治療を行う際に病院治療を行うというのは、医師の存在もあってとても安心して治療に専念できる方法だといえます。

正しく処方してもらえるED治療薬の入手、陰茎海綿体注射や陰茎プロステーシス移植手術など、さまざまな手段があります。

とても頼りになる存在ですし、スタッフが男性ばかりのED治療専門店もあるので、女性の目が気になる人でも男性スタッフのみに相談できるというのは嬉しいですよね。

しかし、このような病院治療にはデメリットも存在しています。

それは治療代がとても高いことです。

これはED治療というもの自体が高い治療であるということではなく、保険が適応されないことにあります。

通常医療機関では保険が適応されるため、医療費の3割の自己負担で治療を受けることができます。残りの7割は健保組合が負担してくれるようになっています。

しかしそこには病気や怪我であるというのが利用できる定義もあります。

ED治療に保険が効かないのは、あくまでも生活の質を向上させるものであり、仮に治療しなくても日常生活には支障が無いとされているからなのです。

風邪や怪我であれば支障をきたしますが、EDは治療できなくても日常生活には支障が出ないということが判断基準になっているようです。

バイアグラひとつにしてもたった一錠で2,000円近く必要になります。

一錠で済む話でもないので、一週間分貰うと単純に計算しても14,000円となってしまいます。

これを続けていくというのは費用の面で非常に負担が大きいですよね。

また、陰茎海綿体注射を利用すると1回の利用で5,000円。

陰茎プロステーシス移植手術に至っては600,000円もかかってしまいます。

病院治療における費用は、EDの症状が軽ければ軽いほど、かかる費用は安くなりますが、反対に症状が重ければ重いほど、また、その方法が特殊であればあるほどに、費用は高くなるのです。

利用する際には注意が必要だといえるでしょう。

しかし、そんな病院治療でも、保険が効く治療方法というのもあります。

ちょっとした裏技のようなもので、例えばEDには生活習慣病が大きく関わっていますが、生活習慣病が改善されることでEDも改善されるということでもあります。そして生活習慣病は保険の効く病気でもあります。

そのため、自分の本当の目的はED治療であるものの、生活習慣病を治療するという名目で保険の効く治療を行えば、副次的にEDの治療もできるということです。

考え方を変えてうまく利用していくと良いかもしれませんね。

病院で検査、通販で購入

通販で購入した男性

ED治療といえば大きく分けて二つの方法があります。

それは個人輸入サイトという通販を使ってED治療薬を購入して治療していくという方法と、病院など医療機関へ行き治療してもらうという方法です。

どちらにしてもEDを治療出来ることには違いないので、EDになって悩んでいる人にしてみれば嬉しい選択肢でもあるのですが、ここにはさまざまな違いがあります。

個人輸入サイトを使用した場合、医療機関を介さずにED治療薬を手に入れることが出来ます。

一般的な通販サイトと同じで扱いも難しくはなく、欲しい商品をクリックするだけで完了するため、非常に簡単です。

あとは自宅で物の到着を待つだけで良いので、誰にも悟られず、誰とも関わらず治療がしたいという人には向いているとも言えるでしょう。

手間がかからないということもメリットですが、なによりも安価で買えるというのが嬉しいところです。

ですが、医療機関にも関わっていないため処方箋がなく、服用する際に不安が残るというのはあります。

医療機関で治療を行った場合、医師に相談出来きて症状ややってはいけないことなど丁寧に説明してれるため、ED治療薬の正しい服用方法などを知ることができます。

しかし、これらを受けるためには人を介しますし、なおかつ保険が効かないことから多額な費用が必要になってきます。

こうやって考えてみると、個人輸入サイトと医療機関では一長一短あるため、どちらの方法で治療していけばいいのかという悩みが生まれることでしょう。

しかし、どちらかひとつを利用し続けないといけないということもありませんので、この両方を利用していくようにすると良いでしょう。

個人輸入サイトと医療機関においてのメリットといえば、個人輸入サイトでは「安さ」ですし、医療機関では「説明の丁寧さ」だといえます。

つまり医療機関で自分の症状や自分に合った医薬品、また、改善していくための注意点などをしっかりと聞いておき、これにより頂いたED治療薬の種類と使い方も分かるので、あとはその商品を個人輸入サイトで安く手に入れるというのがオススメです。

たとえば、病院へ診察に行ってバイアグラを処方されて、処方箋も頂いたら、あとは飲み方も分かるので、そこからは病院へは行かずに同じバイアグラを個人輸入サイトで利用します。

これにより通院時よりも三分の一ほどの金額で治療を行うことができるようになるでしょう。