EDを治療するにあたり裸になったり痛い思いをすると考えている人は大きな誤解をしています。実に簡素なものであります。

勃起不全治療までの流れ

まずは医療機関へ行きましょう

自分が勃起不全(ED)の疑いを抱いたら、早めに医療機関へ行き相談を行う事を推奨致します。悩みが蓄積され、その影響で中折れ、ペニスが柔らかいままの勃起しか出来ないのであれば、女性よりバッシングを受けますし、最悪のケースを想定すれば浮気の疑いを持たれてしまいかねません。それが自身のダメージとなり機能性EDの発症が起きてしまいますし、体の不調で起こる器質性EDによるものですと、体調不良を放置する事で、健康自体を損ないセックスどころではありません。

また意を決して医療機関へ受診へ行ったとしても受付が女性だったら?裸になり触診を受けるのでは?となどの想像をしてしまい、重い腰が上がりにくいのではないかと思います。確かに総合病院であれば予約時の受付は女性が担当している場合があり、追加検査をする場合には器具を使った検査も行われる可能性があります。ですがED専門のクリニックというものが今の世の中にはあります。全て男性スタッフのみで構成されており、相談も気軽に行え、脱衣をする必要も基本的にはありません。

診療のみで終了します

流れとしてはまず最初に問診票に自身の状況を記入します。治療中の病気、服用中の薬があればその項目にも記入を行い、ED治療薬の処方がそれにより可能かどうかの判断材料となります。飲み合わせの悪い薬もありますので正直に記入をしましょう。嘘の記入によりED治療薬が処方されたとしても、禁忌薬との併用や疾患の状況により重篤な副作用が出てしまったらどうすることも出来ません。

続いて問診票に基づいた医師の診察が行われます。問診票もそうですが以前の記事にもありますセルフチェックの結果をプリントアウトし、医師に提出するとより詳しい状況が分かりますので、準備できる人は持って行きましょう。診察を終えたあとには必要に応じて薬を処方してもらえます。その後は会計を行いますが、一つ注意点があります。ED治療には保険適用がありません。全て自己負担になりますので個々により治療費は異なります。

専門クリニックなら行きやすい

以上が治療までの流れです。ごく簡単な問診やこれからの治療経緯などの話になりますので深く考える必要はまったくありません。医療機関に来る人は勃起不全で悩む人ですし、その中でも専門クリニックを選べばより足を運びやすいのではないでしょうか。治療をしなければ勃起不全の改善は無理ですので、恥ずかしがらずに飛び込めば、驚くほどあっという間に解決をするかもしれません。

しかしそれでも恥ずかしさが上回ってしまう場合、またはED治療薬だけを試してみたいのであれば通販サイトを利用するという手があります。パソコンやお持ちの携帯電話で簡単に購入が出来るので気兼ねなく入手ができ誰にも知られることなく使用が可能です。それにより人知れずコンプレックスを解決することも出来ますので、慌てずにまず出来ることから始めましょう。

シアリス