各ED治療薬には違った特徴が備わっていますが、元をたどれば同じ作用機序を持っており、それが勃起不全の改善を行います。

ED治療薬の作用機序

ED治療薬登場前の治療方法

今でこそ勃起不全(ED)の治療ができる環境が揃っており、克服が可能となっていますが一昔前はそううまくいくものではありませんでした。なぜならばED治療薬が無かったからです。その時行われていた治療法には外科手術やカウンセリングが主なものでした。しかしあまり有効的な治療法ではなく、完治にあたっては非常に難しい症状であったのです。しかし1998年にバイアグラの発売が開始されるとその状況は一変。ペニス自体に作用する画期的な新薬であり、効果も有効であったため、治療にあたって優先順位が最も高い治療法となったのです。

ED治療薬を使うとどう変わるのでしょうか?

そのED治療薬はどう作用し勃起不全の改善を行うのでしょう?バイアグラ・レビトラ・シアリスは有効成分により、各々の特徴こそ違えど基本的には同じ作用機序をしています。それはPDE5という酵素の働きをブロックする作用です。勃起をする際にPDE5の量が多いと、鎮めてしまうとう働きを持っています。勃起不全の人はそれが顕著なため、ED治療薬を服用し、その働きを抑える必要があります。そのため別名をPDE5阻害薬とも言います。

勃起のメカニズムとは性的な刺激を受け、脳から脊髄、そして陰茎へとその情報が伝達されて初めて成立するのですが、その途中段階で一酸化窒素を放出し血管の拡張を行ったり、ペニスの平滑筋を緩めるために必要なサイクリックGMPという物質が必要で、実に複雑なメカニズムを持っています。

そして勃起をするとサイクリックGMPが増えると同時にPDE5も増加します。先述をした通りPDE5はサイクリックGMPを分解する働きを持ち、勃起状態を鎮めてしまう働きを持っています。通常であれば性的な興奮が収まるとPDE5の働きによって勃起を収め、通常時に戻す必要がありとても重要な要素といえます。しかし性交を行う場合に数が多ければ当然勃起という現象はキャンセルされてしまい勃起不全となるのです。つまりPDE5が勃起不全を引き起こすため、その働きを阻止しなければなりません。

バイアグラの作用機序

ED治療薬を服用するとそのメカニズムが正常に作用します。例としてバイアグラの作用機序を説明していきましょう。有効成分のシルデナフィルは血管の拡張作用とPDE5をブロックしてくれる作用を持っています。この作用が同時に体内で起こりますと、血流がスムーズになり、サイクリックGMPも減ることがありません。

サイクリックGMPによって平滑筋という筋肉が弛緩されるとするとペニスの海綿体へ一気に血液が流れ、最大限膨張をすることが出来ます。バイアグラは特にその効果が顕著であり、いつもより勃起力を感じるようです。

勃起不全の根本とも言える2つの要素を解決できればペニスは勃起をすることができ、セックスをする際にも支障がありません。また今までペニスが勃起をしていなかったことによる自信喪失も次第に回復していくことでしょう。ED治療薬を使用して効率の良い悩み解消することが最も大切だと言えます。ぜひ実践してみましょう。

シアリス