ED治療薬と精力剤は似て非なるものです。それぞれの効果について覚えておきましょう。

ED治療薬と精力剤の違い

精力剤

性的興奮を感じても勃起しにくくなる、勃起が長続きしなくなる……このような症状が特徴的なEDという病気を治療したい、そう思った時にはバイアグラやシアリス、レビトラのようなED治療薬という医薬品が使用されます。

このED治療薬という医薬品を服用することによって、薬品内部の成分が身体中の血管を拡張させ、血液が流れやすい状態を作り出し、EDの症状を改善させることができるのです。

そして、このようなEDの症状を改善させる効果のあるED治療薬と同じような作用があるという風に言われる医薬品として、精力剤と言うものがあります。

この精力剤というのは、薬局やコンビニなどでも販売されている事もあるので、目にしたことがある人もいると思いますが、皆さんはこの精力剤という物がどのような物なのかを知っていますか?

この精力剤というのは、度々ED治療薬のように飲めばEDがよくなるという風に説明されがちです。

確かにそれは100%間違いというわけではありませんが、精力剤というのはED治療薬とは全く別の作用によってEDの症状を改善させています。

方法としては、ED治療薬というのは身体中の血管を拡張させることによって血流を良くするというような方法でEDの症状を緩和させています。

そして、精力剤という医薬品は体内の男性ホルモン量を増やすことによってEDの症状を緩和させたり、栄養ドリンクを服用した時のように身体の疲労を回復させ、その結果精力を増強させて勃起しやすい状態を作り出す、媚薬のような作用によってED気味の身体を元気にするというような作用があるのです。

ED治療薬と精力剤を同一のものであると思っていたり、ED治療薬の効果がいまいちよくわかっていないという人の中には、ED治療薬は媚薬のような効果があるという風に思っている人もいます。

しかし、そのような効果があるのはどちらかと言えば精力剤の方なので、服用する際には勘違いをしないようにしましょう。

そして、この精力剤にはED治療薬には存在していないメリットがあります。

そのメリットというのは、身体を元気な状態に作り変えていくことができるというものです。

これが一体どういうことかというと、精力剤は身体に足りていないものを補填する、身体に過剰に溜まっているものを解消するというような効果があります。

このような作用のある医薬品というのは、継続して使用していくことによって、今まで足りていなかったものを常に満たされている状態にすることができたり、時には服用開始前よりも体内のホルモン量を増加させた状態にすることができるのです。

なので、この精力剤を継続して使用し続けることによって、軽度のEDであれば、根本的な症状の改善を行うということも可能なのです。

EDは精力剤で治るの?

精力剤で治るかを解説する医者

ED治療薬と同じような効果のある精力剤ですが、この精力剤を使用した際に治療ができるEDの症状と、治療ができないEDの症状というものがあります。

治療ができないEDとは、一体どのようなものなのでしょうか。

それは、重度の器質性EDの場合です。

血管の硬化などが原因のEDであれば、精力剤の作用によって体内のホルモン量を増加させる、疲労を回復させる、媚薬効果を身体に充満させる……というような、様々な効果を身体に与えることによって、ED発症以前のようにしっかりと性器が勃起する状態へと身体を戻すことができます。

しかし、重度の器質性EDの場合、精力剤を使用してEDの治療をしたいと思っていても、治療ができないのです。

その理由として、重度の器質性EDは肉体に対してのダメージなどが原因にあることが関係しています。

器質性EDというのは、肉体に対して何かしらの障害が発生することによって発症するEDのことです。

この症状は更に発症原因によって、4つの区分訳がされています。

まず1つ目は陰茎にある海綿体と呼ばれる部位が動脈硬化を起こしてしまったり、勃起した性器から血流が流れだすのを阻害する機構が機能障害を起こしてしまう、といったことが原因で発症する血管性EDです。

2つ目は、性的な刺激を脳が感じ取った時に、陰茎に対して送られるはずの性的な刺激の信号が上手く送られなくなる事によって発症する神経性EDです。

3つ目は、男性ホルモンのテストステロンと呼ばれる物の分泌量が減少することによって、体内のドーパミンと呼ばれる物が増加しなくなり、勃起や射精が促進されなくなることによって発症する内分泌性EDです。

4つ目のは、頭部の怪我や骨盤の骨折などの外傷、治療のために行った外科手術や陰茎の先天的な奇形などが原因で発症する外傷・手術によるEDです。

これら4つの症状というのは、体内の疲労を回復させる、ホルモン量を増加させる、媚薬硬化を身体に与える……というような事を行っても、根本的な部分である陰茎にある海綿体に対して血液が流れ、性行為が終わるまで勃起した状態を維持するという機能が低下している、もしくは機能が働かなくなってしまっているので、精力剤では治療ができません。

もしこの器質性EDと呼ばれるものを治療したいと思っているのであれば、まずは一度病院に行って自分の器質性EDの原因を調査し、その上でバイアグラのような医薬品を使用する、体内のテストステロン量を増やすような医薬品を処方してもらう、陰茎に対して血液がきちんと流れるようになる注射をしてもらう……というような治療を行っていく必要があるのです。