劣悪な環境で製造されたED治療薬は服用することにより、甚大な健康被害を起こします。購入する場所は厳選して行いましょう。

偽造ED治療薬による健康被害

ED治療薬は医療機関はもちろんそうですが、インターネットを利用した医薬品の個人輸入及び代行業者の運営する通販サイトを通じて入手をすることが可能です。しかしその際には偽造品を購入しないように気を付けなければなりません。現在では数多くの通販サイトがあり、間違ったサイトで購入をするとそれが届いてしまう可能性があります。

各社合同による偽造薬流通の調査結果

ED治療薬を販売している4社(ファイザー製薬・バイエル薬品・日本イーライリリー・日本新薬)が合同で調査を行った結果、なんと55.4%が偽造品だったそうです。当初は素人目で見ても判断が可能だったのですが、近年は非常に製造が精巧になっており専門家が見ても判断が難しいとの事です。

一番分かりやすいものとしては、用量の表記ではないでしょうか。例えばバイアグラの最大用量は100mgです(日本では最大50mgまで)。偽造品は200mg・300mgのものがあるため明らかに偽造品だと分かります。レビトラもそうですし、シアリスも偽造品が氾濫しています。最大容量が20mgなのですがこれが50mgであれば偽造品と確定できます。

偽造品を製造している場所

偽造品を製造している現場はとても不衛生で医療品を製造出来る環境ではありません。辺り一面はゴミの山、ネズミやゴキブリが徘徊しカビの生えた壁や汚水の入ったバケツなど目を覆いたくなるような光景が広がっています。本来、医療品はとても厳しい基準をクリアしなければ売り出すことが出来ません。偽造品を製造する工場は当然のようにそういった検査などありませんし、混合されている成分はめちゃくちゃです。これが一番の肝で、偽造品が手元に届き服用をしてしまった場合、重篤な副作用を起こしてしまうのです。

中には覚せい剤の成分も混ざっていたケースもあるそうで、安易に見過ごすことが出来ない問題です。ED治療薬であれば勃起不全の改善をするはずなのですが、偽造品は全く効かないことはおろか健康被害が危ぶまれます。

偽造品が起こした重大な事件

そして偽造品を摂取した事による死亡事例もありました。2008年シンガポールで起きた事故で3種の薬を服用した患者が低血糖により昏睡をしたりするなどの被害が発生してしまいました。確認された患者数は40人で、その疑いがもたれる患者が87人、そのうち死亡した人は4人という偽造品で起こった悲劇では一番大きな事例となったのです。このようにいつ起こるかわからない被害を防ぐために、ED治療薬を通販サイトから購入する場合には信頼のおけるサイトを見つけ購入しましょう。

通販サイトの役割は普段購入できない薬が購入でき、その効果はもちろんのこと価格面も非常に魅力的なものになります。間違った選択をせず、きちんとリサーチを行ってから購入にあたりましょう。

シアリス