勃起不全の原因は心から来る機能性、身体的な問題で起こる器質性があります。2つが合わさった混合性という症状もあります。

勃起不全の原因

勃起不全による支障

勃起が出来なくなるのははもちろんなのですが、挿入を行うにあたるペニスが柔らかい、勃起する時間が異様にかかる、途中で萎え以後挿入不可になってしまう症状が勃起不全です。セックスを行うことが困難になるため自信を無くしてしまい、女性との付き合いも疎遠になってしまう方もおりますので、軽視してはならないのです。

上記に挙げた性交は行えるものの、時々勃起に不都合が生じるいわゆる中程度の症状、全く勃起の出来ない重度の症状を含めると1130万もの患者が存在するといわれます。また計測されていない人を合わせれば、潜在的にはもっと症状に悩む人が存在している模様です。

最も多い精神的ストレスからくる原因

原因は各々違いますが、大きく3つのタイプに分ける事が可能です。その中でも多いタイプが機能性とよばれるものです。別の言い方で心因性とも呼ばれます。このタイプは朝立ちも可能ですし、自慰行為も問題なく行えますが、性交時にのみ勃起に不都合が生じると言われています。

つまり肉体的には全く問題はありません。その代わりに精神的な問題を抱えている場合にこのタイプへ陥ってしまいます。仕事上の問題や夫婦間の問題、子作りでの重圧などによって起こり、悩みはバラバラであり個々のケアが必要です。また機能性の人は、性交の時に過度な緊張をしてしまうのも大きな特徴であります。

身体的な要因による原因

機能性とは逆で、身体的な問題により起こるタイプが器質性です。主に血管の異常や神経に問題によって発症します。なぜ血管が関係あるのかと言うと、血管が硬くなり血液の循環が悪くなると(いわゆる動脈硬化)ペニスの元に血液が流れて行きにくくなります。勃起とは海綿体へ大量の血液が流れることが重要ですので、血の巡りが悪ければ勃起へ支障が出るのは必然といえるでしょう。肥満の人や、高血圧の人も血管が硬くなってしまいやすく勃起に影響しますので、十分注意が必要です。

また上記2つが合わさった混合性タイプは、原因の特定が難しいと言われています。なぜならば器質性と思いきや、実は機能性も合わせて羅患しているため、治療に時間がかかってしまうのです。そのため長い目で見ていく必要がありますが、まずはバイアグラなどのED治療薬を使い、勃起不全により失っていた自信を取り戻すことで徐々に回復していくことでしょう。

シアリス